To

Be

There

Staff VoicePeople

Takanobu Suzuki

Blue Note Tokyo
Bartender
鈴木貴慶 / バーテンダー

今後はバーテンダーとしてのスキルを
アップしていきたい

高校卒業後にプロのミュージシャンを目指して東京へ、ブルーノート東京へライブを観に訪れたのが入社のきっかけ。「エントランスを入って地下に続く階段を降りた時に感じた異世界感は、忘れられません。すぐに自分もこの場所で働きたいという気持ちになりました」。飲食業界での経験はまったく無かったが面接の際には「ここで働きたい」という熱意を猛アピールした。出演されるトップアーティストの皆さんはもちろんのこと、シェフや、音響・照明部のスタッフなど「素晴らしい空間を作りたい、最高のひとときを届けたい」という強い想いをもつプロフェッショナルの皆さんと一緒に仕事ができることにやりがいと、喜びを感じている。「ある日のオープン前、ピアニストの方が静かにウォーミングアップを始めたらとても美しい旋律が流れ、こんな美しい贅沢な空気感のなかできるお店は世界でブルーノート東京だけではと感じています」。

  • Q01
    現在担当している業務の魅力や、やりがいを感じることは?
    公演ごとにオリジナルのカクテルを制作すること。アーティストの音楽性、出身地、最新アルバムやお客様の層などを踏まえて考えて作るのですが、当日アーティストご本人が試飲して気に入ってくださった時はとても嬉しいです。
  • Q02
    仕事に取り組むうえで大切にしていることは?
    お客様の様子やスタッフの動きなど、周囲を観察し「今、自分は何をすべきか」を常に考え行動をするようにしています。また先輩からの「最小限の力で最大の効果を発揮する仕事を」という言葉も、仕事をするうえで大切にしています。
  • Q03
    今後チャレンジしていきたいことは?
    積極的にカクテルのコンペティション、コンクールなどに参加し、自身のバーテンダーとしてのスキルをアップすることを目指しています。料理やドリンク全般についてもさらに学び、ブルーノート東京の魅力をアピールしていきたいです。
こんな美しく贅沢な空気感のなか、
営業準備をできる場所は世界中もまれ