FOOD REPORT

2016.9.27

今年もブルーノート東京の厨房に、北海道・十勝からジビエが入荷しはじめた。

長澤シェフが、北海道・十勝の食肉加工集団 ELEZO社へお邪魔しました。10月はまず、届いたばかりのエゾ鹿を"タリアータ"で提案する。イタリアンの手法を交えつつ、フレンチの繊細な流儀で供するひと皿が、軽めの赤、オータムジャズにそっと寄り添います。
http://www.bluenote.co.jp/jp/news/food/7683/
 
エレゾ鹿モモ肉のタリアータ 北の大地へのオマージュ
¥3,326 (2016年10/18〜11/18 期間限定メニューとなります。 ※消費税、サービス料込)