FOOD REPORT
今年もブルーノート東京の厨房に、北海道・十勝からジビエが入荷しはじめた。

2016.9.27

今年もブルーノート東京の厨房に、北海道・十勝からジビエが入荷しはじめた。

長澤シェフが、北海道・十勝の食肉加工集団 ELEZO社へお邪魔しました。10月はまず、届いたばかりのエゾ鹿を"タリアータ"で提案する。イタリアンの手法を交えつつ、フレンチの繊細な流儀で供するひと皿が、...
秋の夜長は「ジャズとモンブラン」ではじまる

2016.8.27

秋の夜長は「ジャズとモンブラン」ではじまる

ジャズの音色が徐々に深みを帯びてくる秋、ブルーノート東京ではハービー・ハンコック、パット・メセニー、チック・コリアなど、ジャズ界屈指の名プレーヤーたちによる公演が目白押しになる。同じく「秋を告げる」という共通点で結ばれる...
"対"を成す料理。音楽と食のセッション!

2016.6.27

"対"を成す料理。音楽と食のセッション!

「ピアノ・日本酒・料理。他にはないユニークなセッションを叶えませんか?」。長澤シェフの発案のもとに実現することになった山中千尋さんとのスペシャルなコラボレーション。5月某日、ふたりは新潟県新発田に「菊水酒造」を訪ねた。 ...
「りんごの神様」に捧ぐひと皿への旅

2016.4.27

「りんごの神様」に捧ぐひと皿への旅

本州最北端、青森が「美食の宝庫」であることはご存知のとおり。この地を二分する津軽地方と南部地方のそれぞれに足を向けた今回の旅では、思いがけない食材同士の融合が実現。さて、今回長澤シェフが青森縦断の旅で出会った食材とは? ...
本州最北端より、"春の香り"をお届けします。

2016.3.25

本州最北端より、"春の香り"をお届けします。

鉞(まさかり)の形をした下北半島と大きく突起した津軽半島、その間に陸奥湾をかかえたユニークな地形。料理人の心を躍らせる「食材の宝庫」としても知られるこの地で、長澤シェフはどんな旬菜と出会ったのだろう。 http://w...
"苺のパフェ"が、甘やかに春を告げる

2016.2.25

"苺のパフェ"が、甘やかに春を告げる

ブルーノート東京・長澤宜久シェフが日本各地の生産者をめぐりながら、旬の食材との出会いをひと皿に紡ぐ「MONTHLY BEST CHOICE」。今月は、味・収量の"日本一"を誇る栃木県の苺を主役に、パテ...
冬の味覚、下仁田葱の甘みをフォアグラにのせて

2016.1.27

冬の味覚、下仁田葱の甘みをフォアグラにのせて

日本全国津々浦々。旬の食材や伝統野菜のつくり手をめぐりながら、 ブルーノート東京・長澤宜久シェフが折々の食の感動を表現する「MONTHLY BEST CHOICE(今月のひと皿)」。 今月は群馬県が誇る伝統野菜「下仁...