FOOD REPORT
茶葉が育まれた風土を、 ひと皿に閉じ込めたサラダ

2018.5.24

茶葉が育まれた風土を、 ひと皿に閉じ込めたサラダ

日本茶の魅力に惹かれ、独学で学び続けてきたシェフの長澤。知識をさらに深めたいと、奈良市・月ヶ瀬の「ティーファーム井ノ倉」を訪れました。当主の井ノ倉光博さんは、茶葉の生産にとどまらず、新しい飲み方と楽しみ方を提案しています...
30周年限定、ブルーノート東京

2018.4.27

30周年限定、ブルーノート東京"名物"「アーティスト カクテル」がリバイバル!

一杯のカクテルに出演者のイメージと音楽を重ねた「アーティスト カクテル」。30周年を記念して、4品がリバイバル。アップデートした味を楽しめます。カクテルと音楽が響き合う、至福のひとときをどうぞ。 http://www...
「虎千代鶏」の極み、ここにあり。

2018.3.27

「虎千代鶏」の極み、ここにあり。

今回のフードレポートはブルーノート東京のグランドメニュー春夏リニューアルも見据え新潟県長岡市へ。こだわりのあるお客様がわくわくするような新メニューを提供したい、そんな思いを胸にシェフの長澤と小川が生産者を訪問してきました...
季節を先取り、春のスペシャリテ

2018.2.27

季節を先取り、春のスペシャリテ

生産者をめぐり、そのこだわりや環境・風土をレポートする本企画も2018年がスタート。今回は都内の名店が絶大な信頼が寄せる「須永農園」を訪問。その人気の裏付けは、ただただ"食べておいしい"を求めるシンプルなスタンスにありま...

2018.1.26

"芳醇なるバレンタイン"を召し上がれ

2018年、ブルーノート東京が贈るバレンタイン・スペシャル・ディナーのテーマは、"My funny Valentine"。甘く、ほろ苦い、あの名曲をイメージしながらダイニングで繰り広げられる大人のためのバレンタイン。芳醇...
ライヴとともに、心沸き立つひと皿を

2017.12.27

ライヴとともに、心沸き立つひと皿を

「2018年」はブルーノート東京にとって、"誕生から30年"を迎える節目の年。総料理長・長澤宜久シェフ率いる料理人たちが想いをひとつに傾けるのは、進化しつづける"食"のイノベーションです。その渾身のグランドメニューから、...
聖夜に贈る

2017.11.27

聖夜に贈る"スィング・ウィズ・キュイジーズ"

今年、ブルーノート東京が贈るクリスマスディナーライヴは、世界が注目するジャズ界の新星、アンドレア・モティスのしなやかなトランペットプレイ&ヴォイス。聖夜にふさわしいスィング満載のライヴに共鳴するのは、長澤シェフ率いるスタ...
29年目のアニヴァーサリーを祝して

2017.10.27

29年目のアニヴァーサリーを祝して

2017年11月28日は、ブルーノート東京が東京・南青山に誕生してから29年目のアニヴァーサリー。これまで多くの音楽ファンやアーティストに支えられてきたブルーノート東京では、これまでの感謝、そしてこれからも記憶に残る音楽...
トマトを超えるトマトサラダ

2017.9.27

トマトを超えるトマトサラダ

寒天製造においてはグループで世界シェア一位を誇り、食にとどまらず様々な分野で寒天の可能性を切り開いている「伊那食品工業」の本拠地へ。長澤率いるブルーノート・ジャパングループのシェフ、そしてゼネラルマネージャー中村も同行し...
みずみずしさと芳醇さの麗しきコンポジション

2017.8.25

みずみずしさと芳醇さの麗しきコンポジション

国内最高レベルの日照時間と、南アルプスの水脈から注ぐ清らかな水。甲府盆地の西部にあたる山梨県甲州市勝沼エリア、県内有数のぶどう栽培地を「ブルーノート東京」のシェフ、パティシエ、ソムリエ等、総勢9名で訪ねた。 http:...